セクシャリティは無限大

同性婚(同性愛)について(1)

最近ふと表題のように同性婚について考えることがあったので、忘れないうちに書いてみようと思う。

まず最初に、私自身は個人的に賛否いずれかと問われれば、”同性婚(同性愛)はあっても良い”と思う側です。
いつかの記事に書いたかもしれませんが、私は
「思う(想う)事は精神内の出来事であり、それをしたから・何か考えたからと言って誰かに迷惑がかかる訳でもない(他人が考えてることなんてわかる訳ない)ので、それは自由である」
「他者に迷惑・害を及ぼさない限り、思想の発露(行動)も自由」
と、大雑把に言ってこういう考えでいるので、誰か自分以外の第三者同士が同性で結婚した所で、自分を含めた当事者以外の他者が傷つくことも殆どない(今の社会だと結婚した同士の親が傷つく可能性があるので全てとは言えない)と思うので、同性婚それ自体に罪もなければ否定することもないと思うからです。

尚、先日同性婚について
『「日本以外の諸外国では、国教的な宗教がある国が多く、且つその宗教によって長らく同性愛が禁止されてきた経緯・歴史がある為、逆説的にその間ずっとその地域・国の人々には『同性愛と言うのは存在する』と(強く)認識されてきた」
のに対し、
「日本では特に決まった国教もなく、また昔から宗教その他何かによって同性愛が禁止されてきた歴史もなければ、寧ろ男色が普通に存在していた経緯もあるので、取り立てて特に強く意識されることはなかった」
と言う違いが今の諸外国と日本との同性愛に対する認識度合いの違いの理由と思う』
的な内容の記載を目にして、私自身確かにこれは一理あるかもと思い、これを見た感想が

”(今の世の中は)『「(存在していることを)認識されてるけど(多くの場合)禁止されてて、その上(当事者は)迫害・命の危険」があるのと「とくに禁止はされてなくて命の危険等は無いけど、あまり認識されてない」のどっちがいいか?』的な状態にあるような気がする”

という、先日のツイートに繋がる訳です。


同性愛の経緯に関する話はこれ位にして、今の日本の社会に於いては同性婚は認められていない状態にあり、そして、そんな『(同性婚が出来ない)状況はおかしい!変えよう!』としている方々が居られるのもまた事実ですが、現実として今の日本に於いては
「同性婚(同性愛)なんておかしい。不自然だ!」
「同性婚は少子化を促進させる(から認めては駄目だ)!!」
という、認知・認識の低さ所以の無理解から来る反対が大勢を占めているような状態です。

そして行政の方に目を向ければ、これまで日本はアメリカを何かと追随していた面があるので(少なくともトランプ大統領になるまでは)アメリカでは同性婚についてかなり進展した状態にあったので、期待が持てるかなと思いきや今の政府が追随しようとしているのは『カジノ』についてであり、同性婚については殆ど議論の俎上にも上がっていないような状態ではないのかなと個人的に思っています。

スポンサーサイト

PageTop