セクシャリティは無限大

第五回友活オフin熊本 開催のお知らせ

この記事はブロとものみ閲覧できます

PageTop

『子供』とアンセクと”恥”の概念

世の中には『童貞』・『処女』・『魔法使い』と性行為を経験していない状態を指す言葉もいくつか存在するし、場合によってはそれらには
「恥ずかしい」
という感覚が付随することもあるように思う。

また、『不妊』や『ED』等性行為や子供を出来ない・出来難い状態を指す言葉も世の中には存在してて、それらには大抵
『治療』
という言葉が殆どの場合後に続いたり”治療薬”が存在したり、上述のケースと同じように「恥」という観念が付随するケースもあるように思う。


特に子供云々でいえば、私が自認しているアンセクについて、セクの説明をした場合
「子供嫌いなの?」
と訊かれることが偶にある。

これについて私個人的にはただただ
『子供を作る行為』
が大嫌いなのであって、自分がその行為をする・しているということを想像できないし、想像しようとすると頭が拒否するのが大体において眠くなるか、酷い時は鳥肌というかさぶいぼが立つし、そもそも性行為をしたいという欲求は湧かないししたくないから、極論として逆に迫られたら多分全力で逃げたくなる位嫌。

ただし、だからと言って
「子供を作る行為が嫌い≒子供嫌い」
では決してなく、
「性行為・生殖行為はしたくない≠子供が嫌い・子供は作りたくない」
ではあると思うから、確かに不妊云々については(例え”性行為はしたくない”と思う方であっても)治療が必要だったり治療したいと思う方が居られても、そういうケースがあってもそれは当然だと思う。

ただ、全体を通して
「恥・恥ずかしい」
という概念・観念・感情が付随するケースが多いのは、やはり
「世の中全体が『性行為はして当たり前・性行為は万人が当然経験するもの』という認識を持っている」
からではないのかなと私個人的には思う。


だから世の中に対して開き直り、、、と言う訳じゃないけど、当人さえ良くて納得している状態、例えばアンセクのように
『交合行為・生殖行為を行う気が無い人・嫌いな人』
等であるのなら、(実際問題周囲から言われることが多いのだろうけれど)処女だの童貞だのどう呼ばれようとも気にしなくなるのだろうし、EDとか体質的なモノも気にしなくなる・気にしないですむんじゃないかなって思うけど、それでもやっぱり色々言ってきたりするのが”世の中”であって、世間体云々とかなんだろうなって思う。


にほんブログ村 恋愛ブログ セクシャルマイノリティへ
にほんブログ村

にほんブログ村 恋愛ブログ 非性愛・ノンセクシャルへ
にほんブログ村

↑何気にランキングに参加中。良かったらポチっと押して頂けると有難いです

PageTop